わんぱく少年チャンネル

少年の心がくすぐられそうな記事まとめてます。

    SF

    1: わんぱく名無し 2017/08/20(日) 21:08:50.56 ID:CAP_USER
    oriver.cinema :https://oriver.style/cinema/godzilla-vs-kong-winner/

    2014年のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』、そして2017年の『キングコング:髑髏島の巨神』…それぞれで猛威をふるったゴジラとキングコングは、2020年の『ゴジラvsキングコング(原題:Godzilla vs Kong)』で激突する。本作の監督によれば、『ゴジラvsキングコング』ではゴジラまたはキングコングのどちらかが勝者に、どちらかが敗者になるという。

    監督を務めるアダム・ウィンガードは、間もなくNetflixで配信が開始される『デスノート』も手がける人物だ。Entertainment WeeklyやComingSoon.netの取材に応じたアダムは、Netflix『デスノート』の話題と同様に、『ゴジラvsキングコング』に向けた実直な想いも吐露していた。

    この二大モンスターはかつて『キングコング対ゴジラ』(1962)でも相まみえているが、明確な形での決着はついていない。これは、ゴジラを有する日本の東宝、キングコングを有するアメリカ側が互いに自国の人気キャラクターを負かすわけにはいかず、議論の末に引き分けになったと伝えられている。

    ところが『ゴジラvsキングコング』では、言わば”権利vs権利”のリングを降り、ファンが喜ぶ形で決着を付けさせるという。アダム監督は語る。

    「勝者を決めたい。原作はすごく面白かったけど、決着がつかなかったのが少し残念でした。ファンは今でも、あれはどちらが勝利していたかと議論しています。だから僕は原作からは離れて、よし、勝者を決めようと。」
    no title


    『ゴジラvsキングコング』に登場するゴジラは、2014年のギャレス・エドワーズ監督版『GODZILLA ゴジラ』で描かれたもの。このゴジラが日本のオリジナル版に敬意が払われていたかどうかの判断は、観客に委ねられるだろう。しかし少なくとも、アダム監督は日本版ゴジラの多様性、深奥さを愛している人物のように感じられる。

    「ゴジラは様々な面をくぐってきました。悪者になったことも、善者になったことも、争いを起こしたこともありましたよね。描けるものがたくさんある。だけど、ひとつの核部分を描くのではなくて、そこには常にキャラクターの進化がありました。」

    「この伝統に参加できることは嬉しいけれど、とても真剣に取り組まなければいけないものでもあります」と身を引き締めるアダム監督。その心中には、常に1954年の第一作目が存在している。

    「ゴジラは巨大でワイルドなモンスター映画ですが、その真の原点は第二次世界大戦、そして広島にあるんです。第一作目を観ればわかるんですが、すごく悲しい映画なんですよ。本当に重苦しい。だから、いま自分がここにいられるのは、過去に大きな不幸があったからなのだということを忘れてはいけない。」

    最も、監督は『ゴジラvsキングコング』を誰もが楽しめるエンターテインメント作品に仕上げる心意気も忘れない。

    「すべての根底には暗闇がありますが、云っても子供たちのためでもありますからね。」
    no title


    アダム監督が手がける『ゴジラ vs キングコング』の公開前には、『GODZILLA ゴジラ』続編にあたる『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ』が待っている。自身が手がける超大作に備えたいアダム監督は、『ゴジラ』続編の作業現場を訪れたようだ。「とにかく最高で素晴らしい空気感がありました」と振り返る。

    「(現場は)めちゃくちゃカッコよかったです。僕としては、現場を訪れてみて、2億ドル級の映画ってどんなだろうと見てみたかったんです。で、見てみてちょっと安心しました。ある時点までいくと、映画は大きくなるだけなのだなと。そんなことを吸収してきました。そういう意味ではものすごい学びがありましたね。」

    『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ』で監督を務めるのは、『X-MEN2』(2003)や『スーパーマン リターンズ』(2006)、『X-MEN:アポカリプス』(2016)の脚本業で知られるマイケル・ドハティ。アダム監督は、訪れた現場で初めて対面した。

    「彼の方に歩いていったら、彼は小道具か何かの写真を撮って、誰かと笑ってたんです。僕は”あぁ、良かった、あなたが笑顔で幸せそうで!”と。だって、制作の真っ只中にいるんですから、やつれてたらどうしようかと。」

    アダム・ウィンガード監督『ゴジラvsキングコング(原題:Godzilla vs Kong)』は2020年5月22日全米公開予定。
    2019年3月22日には、『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ(原題:Godzilla: King of the Monsters )』の全米公開も控える。

    【ハリウッド版『ゴジラvsキングコング』、引き分けはない模様 】の続きを読む

    このページのトップヘ